64歳

(昨日も書きましたが)今日で64歳になりました(しつこい!)。6時過ぎに広島の家内と娘たちから電話がありました。「有難う。あまり、おめでたい年ではないけどね」と返答。今夜はケーキを食べることになるのでしょう。それにしても暑い。
来年からは年金生活という訳にはいかないでしょう。ここまで無事に生活できたことに感謝しています。生物の基本は、総論的にはDNAのリレーであり、その過程で淘汰や絶滅があります。各論的にはいかに健康で長く生きるか?人間は言葉という道具を持っているため、抽象的な思考ができます。そこに哲学があり、宗教が存在。いかに納得して死ぬか?が哲学の最大のテーマであり、死のシュミレーションが宗教という、大雑把な考えがありますが、若い頃のような抽象的な思考は、最近ではあまり興味を持てませんね。思考が現実的になっていると感じる今日この頃です。
「生きている」という実感のある日々がいですね(当たり前ですが)。その積み重ねが人生。パートナーである家内と、楽しく「生きる」を実感しながら生活したいと思っています。