冷たい雨

昨日の夜に激しい雨が降ったようだ。降り始め頃に会議に入り、終わった時には雨はあがっていた。今日は曇りと思っていたが、昼頃から冷たい雨が降り始めた。診療時間の合間を使って、このブログを書いている。
局所的にはインフルエンザが流行っており、学級閉鎖という情報もある。わずかにオタフクカゼ、溶連菌、水痘の症例が見られるが、全般的には静かな11月。時の経つのは早い。喪中のハガキが届き始めた。1月に義父が他界したため、喪中のハガキを手配した。
インフルエンザワクチンの再開は、もう少し先になりそうだ。2回目の方は接種可能である。

学芸会

学芸会の季節。昨日も近くの小学校で学芸会。今週の土曜日は上北沢小学校。ハルも出番があるようで、土曜日は「すぎなみ」の神尾が見学に。一時的にではあるが、山角が代診となる。当院は通常通りの診療に。校医の私も招待を受けたのだが、仕事優先ということで。集団行動の苦手な私は、学芸会や運動会、修学旅行などは憂鬱でしかたがなかった。最近の子供たちは、積極的で私よりはるかに協調性があると思う。組織の中で生活するのに、最も大切な事は協調性。協調性がないので、この仕事を選んだともいえるのだが。
インフルエンザワクチンの入荷は安定していない。入荷量もはっきりせず、2回目の接種があるので、自転車操業になっている。来週(11月20日頃)にはほぼ目途がたつのでは?と思っている。入荷量が前年の30%ぐらいなので、今のところは十分な対応はできていない。この状況だけは、流石にどうしようもない。

川場村の恵み

インフルエンザワクチンの接種は、残念ながら今日で一時休止となった。明日まで在庫が持つかな?と思っていたのだが、水曜日の入荷が予想より少なく、1回目の接種を中止することになった。ない袖は振れない。2回目の方は接種可能である。今年は例年の30%ぐらいしか入荷していない。供給が増えたら、再開したいと思っている。
2年前にも書いたが、川場村でレンタルアップル(リンゴの木を借りて、栽培収穫する制度)で収穫された、美味しいリンゴをいただいた。秋の恵みを堪能している。それと、毎朝食卓を飾るのは、私の大好物の柿。柿の種類は2000以上あり、味わいも甘さも多種多様で、とても奥が深いと思っているが、最近の子供たちは(年を感じるフレーズ?)柿を好まないようだ。多くのスイーツがあり、柿の甘さに感動しないのだろうか?家内と「こんなに美味しいものを、どうして食べないのだろう」と言いながら、柿を頬張っている。

インフルエンザワクチンの接種は明日(木曜日)までとなります。

今週の火曜日から金曜日まで、1回目のインフルエンザワクチンの接種を行う予定でしたが、接種希望者が多く、さらに入荷するワクチン量が少ないことが判明(今日入荷予定で、直前まで入荷量がわかりませんでした)。金曜日の接種は不可能と判断しました。当院も「すぎなみ」も、明日(木曜日)で接種を一旦中断させていただきます。当院で1回目を接種された方は、2週間以上の間隔で2回目を接種できます。診療時間内に来院して、「2回目の接種」と伝えて下さい。
11月下旬から12月初旬に、ワクチンが一定量入荷した場合は、一時的に接種を再開したいと思っています。不確定要素が多く、確約できませんが、その点はご容赦ください。

明日は焦らずに来院して下さい

明日から金曜日まで、インフルエンザワクチンの接種を再開します。今年はワクチンの製造量が少なく、生産も遅れているため、この4日間はバタバタするかもしれません。病気の方の診察もありますので、色々とご不便をおかけすることも。その点もご容赦下さい。
11月はワクチンの入荷は増える予定です。ワクチン量に余裕があれば、接種を継続できるかもしれません。焦らずに来院して下さい。明日はとことん付き合いますので。