オタフクカゼワクチンの不足

オタフクカゼ(流行性耳下腺炎)ワクチンは任意接種のワクチンです。北里とタケダの2社で製造されていましたが、北里の製造が大幅に遅れ、5月からワクチンを入手することが出来なくなりました。4月から近隣でオタフクカゼが流行しています。
この需要と供給のバランスが壊れていた状況でも、当院も分院もある程度の在庫を確保していました。しかし、近隣のクリニックでワクチンの在庫がなくなったようで、電話での問い合わせが急に増えたとの報告を、スタッフから受けました。当院も分院も予約制ではありませんが、接種を希望される当日に「オタフクカゼの在庫はありますか?」と電話をして下さい。在庫があった場合には、名前を伝えていただければ、当日中はワクチンを確保しておきます。
本院も分院も、今週は何とか接種できるかと思っていますが、在庫がなくなれば、8月まで接種はできなくなるかもしれません。予約していただいたワクチンを冷蔵庫で眠らせるより、必要な方に接種するのが基本ですので、宜しくお願いします。今日、電話をいただいた方は、今週中に来院して下さい。
(独り言)
任意接種のオタフクカゼワクチンが、一時的に不足するのはまだ許せるのですが、日本脳炎ワクチンやMRワクチンなどの定期接種のワクチンが不足するのは、本当に困ります。ワクチンを受ける権利の侵害ですから。これは行政の責任?

今週の待ち時間

雨の音を聞きながら、このブログを書いています。カイが6歳になったので、昨日は誕生会。時の経つのは早いものです。今日は午前中に救急の出務があったのですが、神尾が代診してくれました。本業とは関係ない所で、忙しい日々を送っています。忘れていましたが、今日は父の日?娘からケーキの差し入れがあって思い出しました。
今週も静かな予定。待ち時間は5から15分ぐらい?予防接種と健診がお薦め。週の後半は梅雨らしい天気の予報ですので、前半がお薦めです。

勉強会ではなく松沢病院一周

今日は成育医療センターの医師による講演会があった。テーマは「小児泌尿器科疾患」と「中耳炎」。私と家内が参加する予定にしていたが、山角が「ぜひ、参加したい」とのこと。講演会中ほとんど居眠りをする予定の私が、カイとリクの面倒を見ることになった。見かねた神尾が私の手伝いに。ということで、ハルとナツまで参戦してきた。ハルの父親もカイの父親も仕事で不在。
あまりの騒がしさに、4名を将軍池公園に連れ出した。松沢病院の周りで駆けっこ。危ないので、私も走ることに。10時近くに家内と山角が帰宅した。子供の相手は疲れる。講演会の内容を、かいつまんで聞きながら、このブログを書いている。仕事は忙しくはないのだが、自由になる時間が少ない。
アデノの流行が騒がれているが、近隣での発症は幸いなことに少ない。季節柄、日本脳炎ワクチンの接種が少し増えてきた。ワクチンの在庫は問題なし。川崎の2例は、原因不明で終わるのだろうか?

川崎市の幼稚園児の死亡

まずは、亡くなられたお子さんの冥福を祈りたい。検査結果を待つべきなのだが、保護者の方の不安は大きい。私の感想を述べたい。
1)同じ保育園での2例なので、原因は感染症である。有毒物質による中毒ならば、2例のみということはないはず。発熱等の症状から、感染症または感染症による合併症を併発したと考えられる。
2)夏風邪の季節であり、手足口病などをおこすコクサッキーウイルスの流行が始まっている。髄膜炎や脳炎を起こすことがあり、原因としては否定できない。
3)溶連菌感染症も疑われる。現在流行中であり、幼稚園児も多く罹患している。溶連菌も腎臓や心臓などに合併症を起こすことがある。リウマチ熱や急性腎炎を起こす。
4)髄膜炎球菌による髄膜炎。流行性脳脊髄膜炎と言われ、メナクトラという予防接種がある。私は髄膜炎を2例経験したことがある。補体欠損症の子供が重症化する病気である。
5)原因不明の感染症。
報道を見て、私は溶連菌?コクサッキー?のどちらかという発想が浮かんだ。血液検査のデータや詳しい臨床症状、使っていた薬が不明なので、これ以上の判断はできない。
この感染症が拡大しないことを願っている。

気温の低下

今週は寒いですね。アデノ、溶連菌、オタフクカゼなどが流行していますが、ピークは越えた感じ。この天気ですから、予防接種も少なく、待ち時間も0から15分ぐらい。昨夜遅く、家内と将軍池公園付近を散歩したのですが、「最近は患者さんが少なく、少し楽になったね」と言ったら、「今までが異常でしょ。このくらいがちょうどいいわ」との答え。
仕事用のスリッパを買いに行ったら、ドジョウが目に留まりました。思わず「ここの3匹もらうわ」と言ってしまいました。悪い癖です。新参者が水槽に。涼しくなったら、皆さんにお見せしたいと思っています。カブトムシが成虫になりましたね。